お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許での相部屋のデメリット

合宿免許での相部屋のデメリット

合宿免許に参加する際、「少しでも安くしたい」「新しい友達が欲しい」などの理由で相部屋を選択する人もいると思います。

でも、相部屋にデメリットはないのでしょうか?

ここでは、相部屋ならではのデメリットをお伝えします。

目次

合宿免許で相部屋を選ぶデメリットは?  

-1.自分優先の生活を送れない  
-2.深い眠りに就きづらい 
-3.荷物の管理に注意が必要
-4.では、相部屋のメリットは?

相部屋のデメリットを知ったうえで選択しよう!

合宿免許で相部屋を選ぶデメリットは?

安価に合宿免許に参加するためにも、相部屋を選ぶ人もいると思います。

ここでは、そんな相部屋にデメリットはないかを紹介します。

1.自分優先の生活を送れない 

相部屋ということは、2週間他人と共同生活を送るということです。

共同生活をするということは、冷蔵庫やお風呂、トイレなどの日用品や生活雑貨などもすべて相手と共有しなくてはなりません。

「好きな時にお風呂に入りたい」「冷蔵庫に自分のお気に入りのものをいっぱい入れたい」などのこだわりがある人にはつらい時間になるでしょう。

逆に、「人と同じものを共有してもかまわない」「自分の生活スタイルが少しずれても全然平気」という人は相部屋が向いているかもしれません。

2.深い眠りに就きづらい

相部屋する人との相性にもよりますが、場合によっては、眠りを妨げられるケースもあります。

いびきや歯ぎしりがうるさいといったことから、夜遅くまで勉強したり、テレビを見たりするなどしていて電気を切らない、また人によっては電話やオンラインゲームなどをするため、話し声がうるさいといったこともあるかもしれません。

寝つきが悪い人などは、相部屋にしても大丈夫か、よく考えてから選択しましょう。

3 荷物の管理に注意が必要

相部屋の場合、盗難などの被害が絶対にないともいえません。

ほとんどそのようなことは起きないと思いますが、例えば、間違えて持って行ってしまった、少しだけ無断で借りてしまった、などのトラブルが生じる可能性はあるでしょう。

荷物を間違われないためにも、自分の持ち物は分かるように記名するなどしておき、また必要最低限の貴重品は持ち歩いたり、寝るときも自分のそばに置いておいたりするなどして、用心しましょう。

4. では、相部屋のメリットは?

もちろん、相部屋にはメリットもございます。合宿免許での相部屋のメリット是非こちらもご覧ください。

相部屋のデメリットを知ったうえで選択しよう!

相部屋は部屋に戻っても誰かがいるため、常におしゃべりや相談ができて楽しいイメージがあると思います。

しかし相手によっては気づまりな雰囲気になってしまったり、自分の思い通りの生活ができなかったりするかもしれません。

そんなデメリットも深く理解したうえで、選ぶようにしましょう。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。