お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

免停講習の流れ

免停講習の流れ

道路交通法の違反を重ねてしまったせいで、免停通知書が届いてしまった。
長期間運転できないと仕事やプライベートに差し支えてしまう、といった悩みを持っている人もいるでしょう。
そのような人たちに受けてもらいたいのが、免停講習。
免停講習をまじめに受けて、テストで良い成績を取れば、免停期間を短縮できるのです。
そんな免停講習の内容・流れについてお伝えします。

免停講習とは

免許を取得したとしても、違反点数を重ねてしまうと、免許停止(免停)になってしまいます。
免停になると、決められた期日の間は運転することができません。
万が一、免停期間中に運転したことが発覚したら、無免許運転で逮捕されます。

しかし、免停期間中とはいえ、もっと早くから運転を再開したいと思う人もいるでしょう。
そのような人たちのために用意されているのが免停講習です。
免停講習を受講することで、免停期間を短縮することができます。

では、免停講習とはいったい何を行うのか。ここでは、免停講習についてお伝えします。

免停講習の種類

免停講習の3つの種類を紹介します。

1.短期講習

短期講習は30日間の免停の人のみ受けられる講習。
6時間の講習を受け、試験の成績によっては、停期間を短縮できます。

試験は正答率が85%以上の場合「優」で29日間短縮、70%以上の場合「良」で25日間短縮、50%以上の「可」で20日間の短縮となります。
「優」を取れば、翌日から運転が可能。
早く運転を再開したい人は、受講をおすすめします。

2.中期講習

免停日数が60日間の人が対象。
講習日は2日間で、1日目は6時間、2日目は4時間となります。
最大30日間の短縮が可能となります。

3.長期講習

免停期間が90~120日間の人が対象の講習。
2日間で合計12時間の講習を受ける必要があります。
短期・中期より、徹底した交通ルールの確認が行われます。

免停講習の内容

免停講習の流れ・内容を紹介します。

1.機器を使っての運転適性検査・診断

動体視力、視覚刺激反応、夜間視力などを測定するための検査・診断。
機器の画面内の指示に従い、運転操作を行います。

2.筆記での適性診断・検査

性格・心理テストのようなものです。
性格・心理テストといっても、危険運転をする可能性がある場合は、指導を受けます。

3.講義

配られた教本をもとに講義が行われます。
道路交通事情や交通事故の状況、安全運転のための知識などを学びます。

4.運転シミュレーターを使っての指導

運転シミュレーターを使用して、運転指導を行っていきます。

5.実際の車に乗っての運転指導

指導員が同乗したうえで、運転指導を行います。
試験場内のコースを運転し、ハンドル操作や加速・減速の仕方などを見られます。

6.試験

最後に〇×形式のテストが行われます。
試験結果によって、免停を短縮できる日数が変わってきます。
免停期間を早く終わらせるためにも、真面目に講習を受け、好成績を収めましょう。

免停講習を受けて、早く運転を再開できるようにしよう

免停講習の流れについてお伝えしました。
違反点数を重ねてしまうと、免停状態になってしまいます。
運転できないのは不便ですよね。
真摯に反省している人のために行われているのが免停講習です。
免停を受けてしまった人は、改めて自動車運転について学び、早く運転を再開できるようにしましょう。

 

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。