お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許を勉強せずに最短で合格するコツとは?

合宿免許を勉強せずに最短で合格するコツとは?

「まったく勉強しない」は無理

合宿免許の場合、最短で卒業される方がほとんどです。しかし、まったく勉強せずに楽に合格することはできません。でも、空き時間をずっと学科の勉強の使わなければ合格できないわけでもありません。

合宿免許で「あまり」勉強せずに最短で学科試験に合格するための大事なポイントは、

☝学科の授業をしっかり聞くこと

☝問題を何度か解いてみること

合宿期間中、部屋ではほとんど勉強せずに1回目の受験で合格した方の多くが、「自習機や練習問題だけ活用した」と教えてくれました。

目次

 (1)学科教習の流れは?

 (2)学科試験に1回で合格する!

 (3)授業をしっかり聞く

 (4)問題を解く+問題文に慣れる

 (5)少しの時間で効果=最短合格を!

  * おまけの話

(1)学科教習の流れは?

合宿免許を最短で卒業するために、はじめに教習の流れを確認しておきましょう。このページでは、学科に焦点を当てて説明します。

合宿免許は、教習所により差異はありますが、普通車ATで約2週間の日程です。公安委員会に定められた規定の学科教習時間は26時限(1時限=50分)です。一日平均で2時限の授業を受けることになります。

学科教習は、講義形式で行われますので、出席すれば大丈夫で補習が発生することはありません。

☝体調不良の欠席や遅刻をすることなく授業に出席すること

当たり前のことですが、大事なポイントです。(学科授業は時間割が決まっているので、欠席により数日間遅れてしまう場合があります)

目次に戻る

(2)学科試験に1回で合格する!

学科において最短卒業に必要なことは、学科試験に1回で合格することです。

運転免許を取得するためには、修了検定時の仮免学科試験と、いわゆる本試験(お住いの都道府県の運転免許試験場で受験)の2回の学科試験に合格しなければなりません。

教習期間中に行われる試験は仮免学科試験のみで、日程の半ばで行われます。仮免学科試験に不合格になると、当然再受験となります。同日に再受験はできませんから、翌日以降の受験となり、少なくとも1日は延長となってしまいます。(教習所によっては試験曜日が決まっているため、1度の不合格で34日の延長となることもあります。)

目次に戻る

(3)授業をしっかり聞く

実際に「あまり勉強せずに1回で合格」するための具体策を練っていきましょう!

繰り返しになりますが、まったく勉強せずに楽に合格することは不可能です。合宿でできたお友達との外出やレジャーなどに自由時間を使っていただきたい、学科の勉強のために自由時間を削っていただきたくない、という視点で、時間をかけない効率的な習得術をお伝えしたいと思います。

まず、経験談からご紹介したポイント「学科の授業をしっかり聞くこと」です。

当たり前の事ですが、基本的な道路標識は知っていても、実際に運転するための知識を持っている方はいらっしゃいませんよね?

例えば、車が右折したり左折したりする時、ウィンカー(方向指示器)を点滅させていますね?点滅させるタイミングは道路交通法で決まっています。右折・左折・転回の場合は、「その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から○○メートル手前の地点に達したとき」で、車線を変更する場合は、「その行為をしようとする時の○秒前のとき」とあります。

実は、私が運転免許を取得した際に試験に出た内容なのです。何メートル前なんて知りませんよねぇ?

正答は後ほどお教えしますね!

道路交通法や車の構造、正しい運転法などは、学科教習で習得していきます。「講義形式では眠くなってしまって、覚えられないだろう?」と思う方も多いでしょう。でも、最短での卒業を目指す気持ちがあれば心配いりません。なぜなら、教習所の先生たち(=指導員)は、皆さんに正しい知識を身に付けていただき、結果として1回で試験に合格していただけるよう努力しているからです。より良い教え方を競う学科教習の競技会があって、上位の先生の授業は、面白くて飽きさせず、覚えるべき点が押さえてあって、眠くなる暇もありませんよ!

授業をしっかり聞いていると、先生が試験によく出るポイントなども教えてくれます。先ほど紹介したウィンカーの問題も、実は教習中に先生が強調して教えてくれた数字だったのです。

目次に戻る

(4)問題を解く+問題文に慣れる

授業内容をすべて覚えられれば試験対策は万全か?と問われると、万全とは言えません。

運転免許の学科問題は、すべて○×での回答です。「2択なら楽じゃない?」と思うかもしれませんが、出題される文章は、回答者を惑わせるような表現が多いのです。

先ほどのウィンカーの問題に戻りましょう。私の遠い記憶ですが、問題は「進路変更をするときの合図の時期は、進路変更地点の30メートル前である」に対して○×を問うものだったと思います。回答は「×」です。

実は、授業をきちんと聞いている人ほど、迷ってしまう問題文なのです。

道路交通法の内容を読んでみましょう。

右折・左折・転回の場合は、「その行為をしようとする地点(交差点においてその行為をする場合にあっては、当該交差点の手前の側端)から30メートル手前の地点に達したとき」で、車線を変更する場合は、「その行為をしようとする時の3秒前のとき」です。

問題では「進路変更の場合」を取り上げているので、『3秒前』が合図の時期ですが、『30メートル手前』という

「右折・左折・転回」の場合の時期を入れているため、引っかかってしまう人が多いかもしれません。

このように、学科試験には問題文にクセ・傾向があります。

そこで重要になるポイントが「問題を何度か解いてみる事」です。

教習所では、問題集や自習機を用意しています。問題集や自習機の出題は、その傾向や過去問題から練られた内容ですから、短時間で効率良く勉強するのに適しています。

さて、目指しているのは「あまり勉強せずに最短で合格する」ことです。問題集を一生懸命解いて自由時間が無くなってしまうようでは困ります。ではどうしましょう?

目次に戻る

(5)少しの時間で効果=最短合格を!

合宿免許は朝から晩まで授業があると思われている方もいらっしゃいますが、空き時間も多いんですよ!

「空き時間を効率よく活かせるかどうか?」が学科における最短卒業のカギになります。

資料のモデルスケジュールは、規定の時限数を配置した例です。

授業と授業の間に1時間だけ空いているところがありますね。このような短い空き時間には、お部屋に戻ったり、買い物に出かけたりするよりは、自習機や問題集に取り組みましょう!

ほとんどの指定自動車教習所のカリキュラムには、学科の習熟度のチェックポイントが組み込まれています。「効果測定」です。実際の学科試験を想定した問題数、時間で行う模擬テストで、修了検定(仮免許の試験)前、卒業検定前に合格しておく事が必要です。点数によっては、学科勉強に向ける時間を増やしたり、先生に質問したり、対策が打てますね!

なお、仮免学科試験の合格点は50問出題されて45点(1問=1点)が合格点です。自習機や練習問題で、常に9割以上の正答を維持しましょう。

☝学科の授業をしっかり聞くこと(先生の強調ポイントはメモ・マークを怠らず!)

☝問題を何度か解いてみること(短時間の空き時間は練習問題に充てましょう)

このポイントをしっかり押さえて実行すれば、睡眠時間を削って勉強したり、友達と遊びに出かけるのを我慢したりせずに最短合格ができるはずです。

目次に戻る

おまけのお話

効率よく学科試験に合格するためのお話をしてきましたが、よくいただく質問に「合宿免許では楽しみに走って勉強しないのではないか?」というご相談がありますのでご紹介します。

親御さんから聞かれる事が多い質問です。確かに私たちは「せっかく合宿に行かれるのだから、近くにある観光地に立ち寄ってみられては?」と、合宿免許の楽しさをとりあげてご紹介してしまいがちですので、「合宿免許=勉強しない・勉強できない」とご心配の方がいらっしゃるのも分かります。

しかし、合宿免許を選ばれる大多数の方は「短期間での卒業」できることを理由にされています。実際に、ほとんどの方が最短での卒業を達成されています。きちんと要所要所で勉強されている結果だと思います。

また、「一人部屋だと勉強しないかも」「大部屋では勉強に集中できないかも」というご相談も多いですが、性格や適した勉強法によることが大きいので、一概にはお答えしにくいです。

いつも一人で集中して勉強するタイプの方には一人部屋が良いかもしれませんが、集中型の方なら教習の空き時間でも有効に勉強することはできます。大部屋でも、皆さん最短卒業を目指しているので、一緒に勉強する空気があり、意外に勉強もはかどるかもしれません。

勉強に関しては、個人差のある事ですので、時間をたくさん使った方が良い方もいらっしゃいますし、本当に空き時間の数時間だけで済んでしまう方もいらっしゃいます。

個々の習熟度によって、指導員や教習所スタッフがフォローしてくれます。積極的に相談してみるのも最短卒業への早道です。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。