お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許の自炊プラン

合宿免許の自炊プラン

合宿免許中も自分で作ったご飯が食べたい! 合宿費用を浮かせたい!

そんな人たちにおすすめなのが、自炊プラン。

合宿所でも、自分で調理ができるプランです。

自炊プランっていったいどのようなプラン? どんなメリットがあるの?

ここでは、自炊プランについての情報をお伝えします。

目次

合宿免許の自炊プランとは?  

自炊プランのメリット  

-1.合宿費用が安くなる
-2.自分の好みに合った食事ができる
-3.地元の食材を使って料理ができる
-4.外食もできる

自炊プランのある合宿校紹介

料理が好きな人や食事にこだわりがある人は自炊プランがオススメ

合宿免許の自炊プランとは?

合宿免許の自炊プランとは、食事が付いておらず、3食自分たちで作らなくてはならないプランです。

その場合、たいていは部屋にキッチンが備え付けられており、それを使って調理ができます。

1人部屋はもちろん、3~4人部屋でも同様に、みんなでワイワイと料理を楽しむこともできます。

合宿プランによっては、昼食のみ付いており、あとは自炊というプランもあります。

自炊プランのメリット

自炊プランのメリットとは何でしょうか? ここでは、自炊プランを選ぶ理由をお伝えします。

1.合宿費用が安くなる

特徴としては、食事が付いていない分、費用が安いです。

もちろん、食材などは自分で調達しなくてはならないので、その分の費用はかかるものの、それでもたいてい食事ありプランに比べると安価になります。

2.自分の好みに合った食事ができる

毎日合宿所が食事を用意してくれるのはありがたいけれども、好き嫌いが多かったり、アレルギーがあったりする場合、「食べられない」と思うこともあるかもしれません。

しかし、当然のことながら、その日のメニューを自分で決められます。

そのため、その人の体質や、その日の体調に合った食事をすることができます。

3.地元の食材を使って料理ができる

料理が好きな人にとっては、その地元ならではの食材や料理に興味を持つかもしれません。

地元のスーパーマーケットの店内を見ながら、初めての食材や見慣れない食べ物などを探してみるのも面白いでしょう。

今の時代、レシピなどもインターネットで簡単に検索できます。

ぜひその土地ならではの料理を作ってみたい人は、この機会に挑戦してみましょう。

4.外食もできる

自炊プランだからといって、必ずしも毎日自炊しなくてはならないわけではありません。

時には、「今日は疲れたし、ちょっと外で食べようかな」なんていう日もあるでしょう。

毎回外食してしまうと、食事付きプランより割高になってしまいますが、時たまその土地ならではの料理をレストランなどで味わうのもいいですよね。

合宿を通じて仲良くなった仲間たちと、飲み会やパーティーを開くのも良いと思います。

自炊プランのある合宿校紹介

「自炊して、食費を浮かしたい」という人たちにおすすめな、自炊プランのある合宿校を紹介します。

マツキドライビングスクール新潟西しばた校(新潟県)

自炊プラン専用の宿舎があるマツキドライビングスクール新潟西しばた校。
キッチン用品だけでなく、掃除用品も備わっているため、一人暮らしの予行練習をしたい人にもおすすめです。

マツキドライビングスクールさくらんぼ校(山形県)

家電・調理器具・食器などが備わっており、自炊できるプランが用意されています。
宿泊施設「ジュンベリー」は目の前にイオンもあるため、買い出しにも便利です。

マツキドライビングスクール村山校(山形県)

女性専用宿舎「ジュンベリー」はオートロック付きのマンション。
セキュリティー面でも安心して、合宿生活を送れます。

マツキドライビングスクール長井校(山形県)

女性専用宿舎「パインツリーフレール」は、徒歩5分のところにスーパーマーケットがあるため買い出しにも便利。
男性専用宿舎「パインツリーNagai」は、2LDKで広々とした空間で過ごせます。

マツキドライビングスクール白鷹校(山形県)

宿泊施設「プレジデンシャル長井」では、2LDKの部屋で3~4名で楽しく合宿生活を送れます。
宿泊施設「NEXT10」は自炊プランなものの、周囲に飲食店もあるので、疲れたときはちょっと食べに行くこともできます。

マツキドライビングスクール赤湯校(山形県)

宿泊施設「パインツリーAkayu」はキッチン付きのマンションタイプ。
朝食・夕食は友達と一緒にご飯を作ったり、外食したりして楽しんでください。

マツキドライビングスクール山形校(山形県)

男性専用宿舎「スカイコート」に周辺には、イオンやスターバックスがあり、買い出しなどにも便利な立地。
宿泊施設「コアステージ」は、スーパーよりも飲食店街のほうが近いので、外食が好きな人におすすめです。

マツキドライビングスクール太陽校(山形県)

男性専用宿舎「スカイコート」では、自炊が可能。
周辺環境もよく、教習後近所を散策するのも楽しいです。

マツキドライビングスクール山形中央校(山形県)

男性専用宿舎「スカイコート」にはバス・トイレとキッチンがついており、友達と一緒に楽しい生活を送れるはず。
女性専用宿舎「センターコート」はキレイなマンションと評判。
セキュリティー面でも安心して過ごすことができます。

小浜自動車学校(福井県)

宿泊施設「レオパレスforest」で、あこがれの友達との共同生活!
オフシーズンであれば、シングルユースも可能です。

敦賀自動車学校(福井県)

宿泊施設「レオパレスsecond」での自炊プランは格安と評判!
食べたいものを選びたいけど自炊はしたくないという人には、食事なしのホテルプランもおすすめです。

観音寺自動車学校(香川県)

観音寺自動車学校では、宿泊施設「讃岐マンション」、「カシータⅠ」(女性専用)「カシータⅡ」(男性専用)にて、自炊プランを用意。
「讃岐マンション」では、最大6名までの同性の友人と泊まれるので、修学旅行気分で楽しめます。

共立自動車学校・日野(長崎県)

教習所敷地内にあるマンションタイプの宿泊施設「パークアベニュー52」にて、自炊プランを提供。
1階にはコンビニもあり、便利な立地です。

共立自動車学校・大野(長崎県)

教習所敷地内の宿泊施設「パークアベニュー大野」にて、自炊プランを用意。
オンシーズンは、同性同士の相部屋ですが、オフシーズンはツインまたはシングルでの利用もできます。

共立自動車学校・江迎(長崎県)

宿泊施設「パークアベニュー江迎」にて、自炊プラン(昼食のみセット)を提供。
昼食も自分で用意したい人は、7,700円(税込み)引きで、食事なしプランに変更できます。

料理が好きな人や食事にこだわりがある人は自炊プランがオススメ

自炊プランについてお伝えしました。

毎回食事が用意されているのは便利ですが、自分が好きなものを食べたいときもあると思います。

また料理が好きで、「合宿中もぜひとも自分で調理したい!」という人もいるでしょう。

自炊プラン付きの合宿免許は、通常よりも価格が安いことが多いです。

料理が好きだったり、腕前に自信があったり、これを機会に「挑戦してみたい!」という人には是非おすすめします。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。