お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

仮免の学科試験に合格する4つのポイント

仮免の学科試験に合格する4つのポイント

仮免の学科試験に合格するにはどうすればいいのか……。
とくに学校での成績があまり良くない、勉強が苦手といった人は悩んでいるのではないでしょうか?
そのような人たち向けに、ここでは学科試験を受ける前に覚えておきたい4つのポイントを紹介。
学科試験に合格するための秘訣を集めました。合格を目指す人は、ぜひ参考にしてください。

仮免の学科試験に合格するための4つのポイント

仮免の学科試験に受かるための4つのポイントを紹介します。

1.「必ず」「絶対」などが入っている問題文に注意する

「必ず」「絶対」といった、言い切りの問題には気をつけましょう。
一見、良さそうに見えますが、例外がある可能性が高いのです。

ほとんどの場合、当てはまったとしても、少しでも例外が存在すれば「〇」にはなりません。
本当にその行為は「絶対」「必ず」なのか。
よく考えてから、回答しましょう。

2.言葉のニュアンスにまで気を配る

「駐車」「停車」、「徐行」「減速」など一見、似たような意味の言葉ですが、異なる内容です。
つい漢字が似ていることもあり、紛らわしいと感じるかもしれませんが、それぞれの言葉の意味をしっかり把握し、回答するようにしましょう。

「駐車」「停車」も似ていますが、駐車は運転者が運転席におらず、長い間運転できない状態を指します。
停車は、短時間の停止を指し、5分以内程度車を停めることを意味します。

3.効果測定をしっかり行う

学科教習をすべて終えた時点で、効果測定を受けなくてはなりません。
効果測定とは、学科試験の模擬試験のこと。
パソコンさえ空いていれば、教習の合間などいつでも受けることができます。
模擬試験に合格できなければ、本番の試験で合格するのは難しいですよね。

試験自体はパソコンで行われるため少し異なりますが、30分以内で50問を〇×形式で解かなくてはならないといった事柄は同じです。
模擬試験のため、出題内容も本番と似ています。

効果測定を受けたあとは、同じ間違えをしないよう徹底的に復習しましょう。

4.何度も問題を解く

仮免の学科試験に合格する最大のポイントは、同じような問題を何度も繰り返し解き続けること。
最近は、教習所内にパソコン室があり、室内のコンピューターで学科の模擬試験が何度も受けられるところもあります。
空き時間が発生したときなどは、ぜひそれらの道具を有効活用して合格を目指しましょう。

何度も間違えていくうちに、自らの苦手ポイントが分かるようになり、徹底的な対策もできるようになるはず。
間違えやすい問題は繰り返し解いて、「もう大丈夫」という状態で試験に臨みましょう。

何度も問題を解いて、学科試験に合格しよう

仮免の学科試験に合格するための4つのポイントを紹介しました。
仮免の学科試験は本免許に比べて難易度も低いですし、過去問と似たような問題ばかり出題されます。
勉強は苦手、という人もいると思いますが、何回も繰り返し解いていれば必ず覚えられるはず。
効果的な学習を行い、合格していきましょう。

 

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。