お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

仮免の技能試験に合格する5つのポイント

仮免の技能試験に合格する5つのポイント

「明日、仮免の技能試験なんだけど合格できるかな……」。
仮免の技能試験を目の前にして、不安を感じている人もいると思います。
では、仮免の技能試験に合格するには何に気をつければいいのでしょうか?
ここでは、技能試験に合格するための5つのポイントを伝授。
技能試験の合格を目指している人は、ぜひご覧ください。

仮免の技能試験に受かる5つのポイント

仮免の技能試験に受かるための5つのポイントをお伝えします。

1.挨拶や返事をしっかりする

技能試験においても、挨拶・返事は重要です。
確かに、挨拶・返事自体は採点対象になりませんが、「よろしくお願いします」「ありがとうございます」などの挨拶をしっかり言える人に対しては、教官も好印象を持ちます。
逆に挨拶や返事をしなかったり、「うぃっす」「あい」などいい加減な返答をしたりする人に対しては、教官も気分が良くないと思われます。
気持ちよく試験を進めるためにも、挨拶・返事はしっかりしましょう。

2.安全確認は検定員が分かるようにする

安全確認をしなかった場合、10点減点されます。
安全確認をする際は、検定員にも分かるよう、しっかり首を動かして、ルームミラー、サイドミラー、車の死角を確認しましょう。
やや大げさかもしれない、と思うかもしれませんが、合格のためにも振る舞いは大きくしたほうがいいでしょう。

3.減点項目を覚えておく

最高速度超過やふらつき、ルームミラーを合わせないで発進するといった減点項目をあらかじめ覚えておきましょう。
「ここを間違えたら落ちるかもしれない」というポイントを把握していれば、自然と合格につながる運転ができるようになります。

4.教習所のコースを把握しておく

教習所のコースをあらかじめ覚えておきましょう。
コースを間違えてしまっても、減点にはなりませんが、ついミスをしてしまうと慌ててしまいます。
事前に苦手な部分を把握しておき、しっかり予習できるとベストですよね。

ちなみに、S字・クランク・縦列駐車といった苦手な人が多い分野に関しては、1回目まではミスしても減点対象にはなりません。
ただし2回目以降は減点となりますので、あせらず落ち着いて行動しましょう。

5.運転時にはメリハリをつける

アクセルを踏むべき時はしっかりスピードを出し、停止線の前などではしっかり止まる。
ライトやウインカー、ハザードランプなどを適切に使用する。
このようなメリハリのある運転も一つのポイントです。

初心者はとくに気をつけるあまりのんびりとした走行になりがちですが、燃費も悪いですし、周囲に車がいる状態だと1台だけのノロノロ運転は周りの迷惑になります。
スピードを出すべきところでは出し、落とすところでは低速にするといった、キビキビとした運転を心がけましょう。

ポイントを抑えて、仮免の技能試験に合格しよう

仮免の技能試験に受かる5つのポイントを紹介しました。
仮免を取得するにはまず技能試験を突破しなくてはなりません。
仮免の技能試験は、教習所内の慣れたコースのため、落ち着いて運転すればきっと大丈夫。
あせらず、いつも通り運転するようにしましょう。

 

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。