お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許の試験に落ちたらどうなるか

合宿免許の試験に落ちたらどうなるか

合宿免許に参加するときに気になるのが「もし試験に落ちたらどうしよう……」ということではないでしょうか。

合宿免許の試験で不合格となる人は多くありませんが、絶対に落ちないとは言い切れません。

ここでは、合宿免許の試験に失敗したらどうなるかについて解説します。

目次

合宿免許の試験に落ちるとどうなるのか  

-1.延泊しなくてはならない  
-2.追加料金を支払う  
-3.「合格しなくては!」というプレッシャーに襲われる
-4.試験に落ちない為に

試験に落ちないよう対策を練ることが大事

合宿免許の試験に落ちるとどうなるのか

時には、失敗やミスをしてしまい、合宿免許の試験に落ちてしまうこともあるでしょう。

そうなった場合、どのようなになるかをお伝えします。

1.延泊しなくてはならない

試験や検定で不合格となってしまったら、まず延泊は避けられません。

延泊になる人の割合は少なく、みんながスケジュール通り卒業できるなか「自分だけダメだった……」と落ち込むこともあるでしょう。

特に団体で参加した場合、皆と違うスケジュールになってしまうのは辛いはずです。

そのような事態を回避するためにも、しっかり勉強を行うか、万が一に備えて1人で参加してみるというのも一つの方法です。

2.追加料金を支払う 

修了検定や卒業検定で不合格となってしまった場合、再度検定を受けるための追加料金が発生します。

また検定を受け直す際、延泊が必要になったら、宿泊費用も追加でかかります。

ただし、中には「1発で合格できるか不安」という人のために、何回検定に不合格しても再試験費用、延泊費用がかからない“安心プラン”を用意している教習所もあります。

3.「合格しなくては!」というプレッシャーに襲われる 

一度不合格になってしまうと「次も失敗してしまうのではないか?」と極度の緊張に襲われるようになります。

なかには絶望してしまい、ほかのことが手につかないという人もいるでしょう。

でもいつまでも落ち込んでいても、状況は改善しません。

なぜ上手くいかなかったか原因を分析して、同じミスを繰り返さないようにしっかり対策をする。

それが検定合格への近道です。

まず学科試験で落ちてしまった場合は、再度勉強をしなおしましょう。

過去問を何度も解きなおし、間違えた問題は同じミスを繰り返さないよう、復習します。

同じ問題が試験では出題されるため、何度も繰り返し勉強したら、きっと解けるようになるはずです。

修了検定の場合は、まず教習所内のコースを覚えます。

特にS字クランクや縦列停車は難関です。

卒業検定では、歩行者や自転車の存在に気をつけましょう。

速度維持や安全確認などもおろそかになりがちなので注意が必要です。

ハンドル操作のミスや不適切な車間感覚、進路変更が上手くできていないなども減点の対象になります。

「また落ちそうだ……」と思ったら、指導教官にどうすれば合格できるか直接コツをたずねてみるのもいいかもしれません。

指導教官も早く卒業することを願っていますので、適切に対処してくれるでしょう。

4. 試験に落ちない為に

試験に落ちてしまうと、延長してしまい、予定に間に合わない事も起こりがちです。では延長しない為に合宿免許で延長しない為の4つの注意点是非こちらもご覧ください。

試験に落ちないよう対策を練ることが大事 

合宿免許の試験に落ちてしまったときの対応について説明しました。

不合格になってしまうと、延泊しなくてはならず、友達と一緒に卒業できなくなったり、追加費用が発生したりする可能性が出てきます。

そうならないためにも、日頃からしっかり勉強することが大切です。

1日1日を大事に使い、最短で合格できるよう努力していきましょう。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。