お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

早く、楽しく!免許をとるなら免許でエース

ホーム >

タクシー免許の取得方法

タクシー免許の取得方法

「タクシーの運転手になりたい」という人もいると思います。
その際、必要になるのがタクシー免許。
タクシーを運転する資格がなければ、タクシーの運転手にはなれません。
ではタクシーの運転免許はどのように取得するのでしょうか? 費用はどれくらいかかる?
ここでは、タクシー運転手になるのに必要な免許についてお伝えします。

タクシー免許の取得方法

タクシー免許を取得するには、二種免許と呼ばれる、お客さんを乗せることを目的とした車の運転ができる免許を取得する必要があります。
二種免許はタクシーだけでなく、バスや民間救急車、ハイヤーなどを運転する人も取得しています。

二種免許の取得には、まず以下3つの条件を満たしている必要があります。

  • ・満21歳以上である
  • ・視力(両目で0.8以上、片目はそれぞれ0.5以上)、聴力(10m離れたところで90db(デシベル)の音を聞き取ることができる)、深視力(奥行知覚機器で3回検査したのち、平均的な誤差が2cm以下)、運動能力(運転に必要な運動能力を持ち合わせている)の適性検査に合格している
  • ・一種免許の取得から3年以上が経過している

二種免許の取得には、以下2つの方法があります。

1.教習所に通う

二種免許を取得するためにも、教習所に通わなくてはなりません。
教習所にて、適性検査、学科試験、技能試験を受け、パスしたあと、応急救護処置講習・旅客者講習を受講することで、二種免許を取得できます。

2.合宿免許に参加する

二種免許の取得のため、合宿免許に参加する人もたくさんいます。
だいたい7~10日参加すれば、免許を取得できます。
一種免許同様、教習所内の卒業検定にパスすれば技能試験はクリアとなります。
その後、運転免許センターに行き、学科試験を受け合格し、取得時講習を受ければ、晴れて二種免許(タクシー免許)を取得可能です。

3.一発試験を受ける

タクシー運転手の場合も一発試験を受けて合格することもできます。
一発試験とは、運転免許センターで、直接学科と技能試験を受ける方法です。
一発試験は、教習所に通ったり合宿免許に参加したりするより、費用やかかる日数を圧倒的に抑えられます。
その分、難易度は高く、一発で合格できる人は少なかったりします。
なかなか合格できず、何回もチャレンジするうちに、合宿免許に参加したり教習所に通ったりしたほうが安かったという人も大勢います。
そのうえ、平日しか受験できないため、仕事などがある人は、受験すること自体が難しいといったデメリットもあります。

タクシー免許取得にかかる費用

タクシー免許の取得には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
教習所に通う場合、普通第二種免許の取得には、23万~25万円前後かかるケースが一般的です。
合宿免許に参加する場合も、18万~22万円近くかかるケースが多く、通いより若干安くなります。

一発試験の場合、1回の試験で合格できれば4~5万円ほどで済みます。
ただし、何回も受けてしまうと、そのたびに4~5万円の負担が発生するため気をつけましょう。

ただし、タクシー免許の場合、タクシー会社に就職する人は会社が資金を負担してくれることが多数あります。

第二種免許を取得して、タクシー運転手になろう

タクシー運転手になるための免許取得の方法をお伝えしました。
タクシーの運転手になるには、“第二種”と呼ばれる免許の取得が欠かせません。
ぜひ第二種免許を取得して、タクシー業界で活躍していきましょう。

 

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。