お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

免許証の写真写りをよくする3つのコツ

免許証の写真写りをよくする3つのコツ

免許証の写真撮影が苦手、という人も多いと思います。

流れ作業のため時間をかけるわけにもいかないし、何しろ一発本番!

緊張するなか、笑顔を作るわけにもいかず、思わず自分の写真を見て「撮り直したい……」と感じてしまったことがある人も少なくないでしょう。

ここでは、写りをよくする3つの方法を紹介!

写真撮影に悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

目次

免許証の写真写りをよくする3つの方法  

-1.目をしっかり大きく見開く
-2.あごを引き過ぎない
-3.合宿免許に団体で参加する際の注意点は?

免許証の写真撮影を成功させるには慣れが大事

免許証の写真写りをよくする3つの方法

免許証の写真をよくする方法を紹介します。

1.目をしっかり大きく見開く

まず写りをよくしたいのであれば、目をしっかり開きましょう。

しかしあまり大きく見開きすぎても、威圧的に見えてしまい、逆効果。

できれば90~95%ぐらいの大きさで、開けるといいですね。

また眉を少し上げることでも、目を大きく見せることができます。

カメラを見るときは、少し上を見るくらいがちょうどいいです。

2.あごを引き過ぎない

あごを引くと目が大きく見える効果はあるものの、逆に引き過ぎると、二重あごに見えるうえ、自信のなさそうな雰囲気になってしまいます。

また人によっては、メンチを切っているように見えてしまうことも……。

あごを引くというより、背筋をまっすぐ伸ばして、軽くカメラにおでこを突き出すようにして、あごを下げたほうがいいでしょう。

3.口元は少し微笑んで

免許証の写真は満面の笑みで写ることはできません。

だからといって、真顔で写ってしまうと、あまり良い写真にならないことも。

口元を少し左右に伸ばして、心の中でちょっと楽しいことを考えてみてください。

きっと自然な微笑ができるはず。

しかし当日いきなり本番で完璧な微笑をすることは難しいため、事前に鏡の前で練習しておくことをおすすめします。

免許証の写真撮影を成功させるには慣れが大事

免許証の写りをよくする3つの方法を紹介しました。

写りをよくしようと思っても、一発本番で成功させるのは難しいです。

事前に何回か練習して、良い表情を作れるようになっておきましょう。

練習することで、きっと満足のいく写真が撮れると思います。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。