お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許に参加可能の年齢制限はあるのか

合宿免許に参加可能の年齢制限はあるのか

合宿免許に参加したいけれども、年齢制限があるのではないかと、気になっている人もいると思います。

10代だと「参加できないかも」と思うかもしれませんし、ある程度年配の方も今さらこの年で合宿免許に参加していいのだろうか、悩むかもしれません。

ここでは、合宿免許の年齢制限について説明します。

目次

合宿免許の10代の年齢制限について解説  

-1.普通免許の場合  
-2.普通二輪免許の場合  

シニア向けの合宿免許がある教習所も

合宿免許の年齢制限は教習所によって異なる

合宿免許の10代の年齢制限について解説 

合宿免許には年齢制限はあるのか。まずは10代の取得について、免許ごとに紹介します。

1.普通免許の場合 

普通免許の場合、18歳未満の申し込みはできない場合がほとんどです。

そのなか、修了検定までに18歳の誕生日を迎える人は例外です。

修了検定はオートマ車(AT)の場合は入校約7日後、マニュアル車(MT)の場合は入校約9日後であることが多いです。

そのため、18歳の誕生日を迎える1週間前なら合宿免許に参加できる自動車学校もあります。

ただし、すべての教習所が修了検定時に18歳を迎えていればOKと規定しているわけではありません。

18歳未満で合宿免許に参加したいと考えている人は、ホームページ等で情報をしっかり確認しておきましょう。

また高校生の参加は可能ですが、未成年の場合、保護者の同意が必要です。

2.普通二輪免許の場合 

普通二輪(バイク)の免許の場合、満16歳以上の人が取得可能です。

入校時は15歳(中学3年生)でも、卒業検定のときには16歳になっていれば参加できる教習所もあります。

普通二輪免許では400cc以下のバイクや原付に乗ることができます。

400cc以上のバイクに乗れる大型二輪免許の取得は、満18歳以上でなくてはなりません。

こちらも保護者の同意がないと、未成年は参加できないので、必ず同意書にサインをもらいましょう。

シニア向けの合宿免許がある教習所も 

教習所の中には、25歳まで、30歳まで、50歳までなどの年齢制限を設けているところもあります。

逆に、「若い人たちのなか、自分だけ浮いていたらイヤだ」という人たちのために、31歳以上の合宿免許を用意している教習所もあります。

50~60代といったシニア向けのコースを用意している教習所も多くはないですが、存在します。

ただし、60歳以上になると、逆に申し込めなくなる教習所も増えてくるので気をつけましょう。

年齢制限を設けていない教習所に、30代や40代の人が参加していることも決して少なくありません。

“合宿免許”というと若い人たちがグループで参加しているイメージが強いかもしれませんが、社会人になってお金ができてから短期間で免許を取得するため、合宿免許に参加する人も大勢います。

また就職の関係などで、大型免許が必要になり取得しにくる、30代以上の人たちも多いです。

「自分は〇〇歳だから合宿免許には参加できない」と最初からあきらめるのではなく、受け入れてくれる教習所を探してみましょう。

思わぬ出会いがあるかもしれません。

合宿免許の年齢制限は教習所によって異なる

合宿免許の年齢制限について分かりましたか?

合宿免許は免許取得可能年齢に達していないと、基本、参加できません。

また最近は、同世代の人たちが集まって免許を取得できるよう、31歳以上などの年齢制限を設けている教習所もあります。

自分にとってベストだと思える教習所を、年齢制限の観点からも探してみるといいかもしれません。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。