お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

ホーム >

合宿免許に持って行きたいおすすめの薬

合宿免許に持って行きたいおすすめの薬

約2週間に及ぶ合宿免許。

処方箋の必要な薬を手に入れるのは難しいでしょうし、宿泊所の近くにドラッグストア等があるとも限りません。

いったいどのような薬を持って行ったほうがいいのか?

ここでは、合宿免許に持って行くのにおすすめの薬を紹介します。

目次

合宿免許に持って行くことで、安心できる薬  

-1.常備薬  
-2.風邪薬 
-3.生理用の鎮痛剤  
-4.花粉症の薬
-5.虫よけスプレー・かゆみ止め
-6.目薬
-7.酔い止め薬

事前に薬を用意して、合宿生活を快適にしよう

合宿免許に持って行くことで、安心できる薬 

合宿免許に持って行きたい、おすすめの薬をお伝えします。

1.常備薬

まず普段から日常的に薬を飲んでいる人は、常備薬を持参しましょう。

常備薬は簡単には手に入りません。

卒業が延長となる可能性もあるため、当初のスケジュール分よりも少し多めに入れておくことがおすすめ。

現地で困らないためにも、忘れないようにしましょう。

2.風邪薬

2週間近くある合宿免許。

慣れない環境や集団生活もあり、体調を崩してしまう可能性もあります。

そんなとき、風邪薬があると心強いです。

具合が悪いと感じたときは風邪薬や解熱剤、ほかにも頭が痛いときは頭痛薬などの薬を飲んで、早く寝るようにしましょう。

お腹が痛くなりやすい人は、胃腸薬やげり止めなどもあるといいかもしれません。

疲れによる風邪程度でしたら、それらを服用するだけで、案外早く回復する可能性があります。

3.生理用の鎮痛剤

合宿期間中に生理になってしまう人もいるでしょう。

かなりの痛みを感じて、合宿免許どころではないという人もいると思います。

予防のためにも、生理痛の鎮痛剤を忍ばせておきましょう。

せっかくの合宿免許で痛みのため教習などに出られなかったらもったいないです。

できる限り事前に対策しておきましょう。

4.花粉症の薬

毎年春・秋のシーズンは花粉に悩まされる人も多いです。

花粉症も運転の集中を妨げる要素。

症状を少しでも緩和するためにも、花粉症の薬を持参しましょう。

マスクなども一緒に身につけると、さらに症状の軽減に役立ちます。

5.虫よけスプレー・かゆみ止め

夏などは蚊など虫がいる可能性もあります。

虫よけスプレーやかゆみ止めを持参することで、蚊などの被害を減らせます。

特に自然豊かな地域の合宿免許に参加する人は持って行ったほうがいいでしょう。

6.目薬

目の疲れや乾燥を回復させるためにも、目薬も持参することをおすすめします。

特にドライアイなどの症状がある人は必須です。

合宿免許は学科では黒板などの文字を見ることになり、運転中も目を酷使するため、予想外に目が疲れます。

気になったときにいつでもさせるよう、あらかじめ用意しておきましょう。

7.酔い止め薬

ふだんから車酔いしやすい人は、一応、酔い止めも持って行きましょう。

運転中に酔ってしまう可能性もなきにしもあらずです。

ただし、眠くなる作用が含まれている酔い止めもあるので、それらを服用するのはやめましょう。

ほかにも、宿泊所から教習所までの移動のバスなどで酔ってしまう可能性もあるので、持参しておくことをおすすめします。

事前に薬を用意して、合宿生活を快適にしよう 

免許合宿中に持って行ったほうがいい薬は分かりましたか?

宿泊所や教習所の近くにドラッグストアがあるとは限りません。

いざ薬が欲しいと思っても、手に入らない可能性もあるのです。

そうならないためにも、用意できる薬は事前に準備しておきましょう。

免許でエースでは、多くの合宿免許校を懇切丁寧にご紹介しております。
合宿免許をお考えの方はコチラからご覧ください。

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。