お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

合宿免許の免許でエース >

平成29年3月12日 道路交通法改正について

道路交通法改正のお知らせ

2017年3月12日付で、改正道路交通法が施行されました。

詳しくは「準中型免許とは」をご覧ください。

 

すぐにでも準中型免許を取りたい!という方に。準中型免許免許の合宿免許プランご案内開始しました!!

準中型免許合宿取扱校ページへ!!

 

 

 

今回の改正は、これから普通車の免許を取ろうとされている方には、大きな影響がありますので、次の4項に分けて詳しくご説明いたします。

(1)何が変わるの?・・・・「準中型」免許が新設されます。

(2)どんな影響があるの?・・・「普通」免許で運転できるサイズが小さくなります。3月10日までの取得がポイントです

新旧イラスト-2

(3)どう対応すべき?・・駆け込み取得が増えるかも?早めの準備が重要!

(4)改正前に取得した普通免許はどうなる?・・・準中型の限定免許に!

(1)何が変わるの?

新しく『準中型免許』ができます。

新旧の免許区分

簡単に言うと、現在の『普通』免許と『中型』免許の間に、新しい免許『準中型』ができるということです。

それによって、『普通』で運転できるサイズが小さくなるというわけですが、詳しくは次の項「どんな影響があるの?」でご説明します。

この改正により、2017年3月12日以降に「クルマの免許を取ろう」とする方は、

  • 普通免許を取得する⇒技能:MT34時限 AT31時限 学科各26時限の教習を受ける
  • 準中型免許を取得する⇒技能41時限 学科27時限の教習を受ける

を選択することになります。

※準中型免許には、AT限定免許はありません。

◆どうして準中型免許が必要だったの?
 現行の中型自動車(車両総重量5t以上11t未満)は、20歳以上・普免保有2年以上が免許受験の条件であり、高校を卒業したばかりの方は中型トラックを運転できません。 しかし、新制度の準中型トラックは18歳以上であれば普通免許の経験がなくても取得でき、車両総重量7.5t未満のトラックを運転することができるので、雇用や人材確保の面での効果が期待されています。
◆準中型免許は合宿免許で受けられないの?
 改正道路交通法が施行される時期(3月)は、普通免許取得のお客様で大変混み合っており、合宿での準中型免許取得コースをご用意できる予定はありません。 なお、準中型免許の指定教習所での規定時限は、技能41時限・学科27時限と定められています。

(2)どんな影響があるの?

  •  普通免許で運転できる車の範囲(最大積載量・最大総重量)が小さくなります。

新旧イラスト

最大積載量とは? その車に積むことができる荷物の最大の重さのこと。車検証(自動車検査証)に記載されています。
最大総重量とは? その車の「車両重量」に乗車が許される定員や「最大積載量」の荷物を積んだ状態での全重量のこと。

数字が大き過ぎて、イメージがわかない方も多いと思いますので・・・。

▼『新』普通車免許で、運転できる?できない?

sedan教習車もこの型が多いですね。
もちろん運転できます!
wagon一般的なワゴン車は、新普通車免許でも運転できます。

truck引っ越しでレンタカーを借りよう!なんていう時にはご注意ください。
軽トラックは問題なしですが、「2トントラック」と呼ばれるものはダメです。積載量1トン程度ならOK。
確認して運転しましょう。

overtruck軽自動車を除き、冷凍冷蔵車やパワーゲート等の機材搭載車は総重量が重くなり、運転できません。 campingキャンピングカー
こちらも総重量の面で、ほぼ運転できないと考えて良いでしょう。
  • 法改正前は駆け込み取得が増えると予想されます。

Point①現行法下の普通免許を取得したいなら、平成29年3月10日(金)までに、住民票登録地の運転免許試験場で受験し、合格しなければなりません。

Point②最短スケジュールが人気の合宿免許でも、普通車MTの場合、最短で16日間必要です。

Point③上に挙げた①②から逆算すると、2月上旬には入校しておく必要があります。

12月

1月

2月3月

 

  • 普通免許と準中型免許、どちらを取得すべきか???

改正後に18歳になられる方や、ご都合で改正前に免許取得が間に合わない場合は、どちらを選択されるか迷うところだと思います。

ご就職の予定や、免許取得後のライフスタイル等、お一人おひとり異なりますので、どちらが良いと決められるものではありません。
ただし、自動車教習所の準備も整っていないことも想定されますので、法改正後すぐに『準中型免許』を取得されるのは難しいかもしれません。
条件をお聞きした上で、自動車教習所とも相談しながらご案内いたしますので、お気軽にご相談ください。
お気軽にお電話

(3)どう対応すべき?

  • 2017年3月10日(金)までに!!

すでに教習所を卒業された方や、改正前までに公安委員会指定教習所を卒業できる状況の方は、2017年3月10日(金)までに運転免許証の交付を受けられることをおすすめします。

施行日の2017年3月12日は日曜日です。試験は平日のみ実施ですから、現行法での普通免許を取得するためには、3月10日(金)までに受験・合格し、免許証の交付を受ける必要があります。
【卒業してから時間が経過した方】学科試験の備えは充分ですか?時間とともに忘れてしまっていることもあるかも?!3月10日に合格しなければ、新普通免許になりますよ!
【住民票の住所から離れてお住まいの方】受験場所は住民票登録地の運転免許試験場です。
改正前は、受験する方が増えると予想されています。
  • 通学プランは混雑の場合、2月中に卒業できなくなるかもしれない。
  • 合宿プランは定員制のため、早期に満員になるかもしれない。
  • 受験者が多い場合、試験場に入れないことも?!

この点をご理解いただき、早めのお申込み・受験が重要です。

  • ご就職先やお仕事内容で確認!!

前述の通り、2017年3月12日以降に取得する普通免許では、普通車であっても保冷車やキャンピングカーのような総重量が大きいものを運転することができません。

内定先や指導の先生とのご相談を含め、将来に目を向けた選択をされるようおすすめします。

  • 改正後に普通車免許を取得する予定の方は

免許取得後、実際に運転する時には車検証等で車両サイズ(最大積載量・最大総重量)を確認してください。

ご家族が普通免許で運転していても(2007年6月1日以前取得した普通車は8t限定中型免許になっています。)大きい車両は要注意!場合によっては無免許運転で罰せられることになってしまいます。

  • 準中型免許が必要な方は

  • 改正前に普通免許を取得できる方は、先に普通免許(改正後は自動的に「5t限定準中型免許」になります)を取得して、限定解除(4時限の技能教習)をおすすめします。
  • 改正後に普通免許を取得予定の方は、初めから準中型免許を取得することができます。ただし、現時点(2016年10月)で合宿での準中型免許取得コースのご案内予定はありませんので、ご了承ください。
お気軽にお電話

(4)改正前に取得した普通免許はどうなる?

 

改正前に普通免許を取得した方の運転免許は、『5t限定準中型免許』とみなされます。
改正前の法律の下に得られた権利(既得権)は守られます。『新』普通免許とは異なりますので、呼称が変わります。
なお、運転免許証の更新までは、表示上は普通免許のままですが、取得年月日により判断されます。運転免許の更新後は、免許証面の「免許の条件等」の欄に『準中型車は準中型車(5t)に限る』と記載されると思われます。
 
お気軽にお電話
このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。