お問い合わせお申込み資料請求 無料パンフお送りしますデジタルパンフレットはこちら

合宿免許の免許でエース >

準中型免許とは

準中型免許でどんなクルマを運転できる?

準中型車免許とは

正式には『準中型自動車免許』
履歴書などに記入する場合のため覚えておきましょう。 なお、準中型免許にはAT(オートマチック車)限定はありません。

運転できるのは?

取得する方法は?

取得のための資格は?

平成29年3月12日の道路交通法改正により新設された免許です。

hikaku 20170312

18歳以上なら、免許を持っていなくても、トラックの運転免許がとれる!

改正のポイントは、運転経験のない方でも、貨物車(トラック)など運送業務等で使用する車両の運転技術を身につけて、車両総重量7.5t未満・最大積載量4.5t未満の車両を運転できるようになる点です。
※改正前には、18歳の方が取得可能な最大積載量3~4t程度の車両を運転できる免許はありませんでした。

【準中型免許】運転できるのは?

準中型免許で運転できるのは、次の基準の自動車です。

  • 車両総重量 7.5トン未満
  • 最大積載量 4.5トン未満
  • 乗車定員  10人以下

車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満の条件のいずれも満たしていなければ、その車両を運転することができません。

正確な数値は車検証に記載されていますので、運転される場合は必ずご確認ください。

この他に、普通自動車・小型特殊自動車・原動機付自転車を運転することができます。

【教習車】

指定自動車教習所では、準中型免許の教習に使用する車両にも基準があります。
準中型教習車両「どこかで見たことある!」という方も、「トラックなのに後部座席があるの!?初めて見た!」という方もいらっしゃるでしょう。
準中型免許の教習では、このような車両を使用します。

でも!準中型免許は未経験の方でも取得可能な免許です。はじめから大きな車ではハードルが高いですよね?!

というわけで、免許をお持ちでない方が受ける教習課程には、普通車での教習も含まれています。

第1段階:基本操作および基本走行(教習所内での教習)
はじめは普通車から。AT車にも1時限乗車します。計12時限

教習車例 普通車

教習車例:普通車

後半は準中型車に。6時限の教習と修了検定(技能試験)で使用。

教習車例:準中型

教習車例:準中型車

第2段階:応用走行(一般路上での教習)
普通車:高速教習を含む12時限の教習は普通車で行います。 準中型車:11時限の教習、卒業検定(技能試験)は準中型車です。

※上記は所持免許のない場合の時限数です。技能教習の他、27時限の学科教習があります。

所持免許別教習時限数

所持免許 第1段階 第2段階 学科
合計
技能
合計
学科 技能 学科 技能
普通車 準中型車 普通車 準中型車
なし・原付 10 12 6 17 12 11 27 41
自動二輪 0 10 6 3 12 11 3 39
普通車AT 0 0 4 1 0 9 1 13
普通車MT 0 0 8 1 0 9 1 17
準中型5t限定AT 準中型車による4時限の技能教習(限定解除審査)
準中型5t限定MT 準中型車による8時限の技能教習(限定解除審査)

 

【準中型免許】取得する方法は?

運転免許試験場で、適性検査と学科試験・技能試験に合格すれば免許の交付を受けることができます。ただし、交付までに、仮免許の取得や規定時間分の練習、取得時講習の受講が必要です。

免許取得の方法は大きく分けて2つあります。

  • 直接運転免許試験場で受験する(教習だけを公安委員会指定以外の教習所で行う場合も含みます)。
  • 指定自動車教習所に入校・卒業する。 ←“免許でエース”がご案内する「合宿免許」はコレ!

直接運転免許試験場で受験する方法(いわゆる一発免許)についてくわしく(普通免許の場合)はコチラ
指定自動車教習所に入校・卒業した場合、運転免許試験場での適性検査学科試験に合格すれば(技能試験は免除され)免許の交付を受けられます。

【適性検査の合格基準】

適性検査とは、公道を走行するために必要な「視力検査」「色彩識別検査」「運動能力検査」「聴力検査」を検査するものです。

  • 視力検査: 両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
    深視力検査あり ※深視力とは、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力のこと。検査は、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器で行われ、3回の検査で、その平均誤差が2cm以内であることが合格の条件です。
  • 色彩識別検査:信号機に使用されている赤・青・黄色を識別できること。
  • 運動能力検査:指・手足・腰などの身体機能に障害がないこと。
  • 聴力検査(※):90ホンの大きさの音が10m離れた所で聞き取れること。(補聴器などの使用可)
    (※)聴力に障がいのある方は、適性相談を経て「特定後写鏡(ワイドミラーや補助ミラー)の取り付けや聴覚障害者標識の表示」を条件に、準中型免許の取得が可能です。

【学科試験の合格基準】

学科試験では、交通法規を中心とした文章問題が90問とイラストによる危険予知問題が5問の計95問が出題されます。

自動二輪免許・普通免許・準中型5t限定免許を所持している方は学科試験を受ける必要がありません。

  • 文章問題が1問1点、イラスト問題は1問2点で、100点満点中90点以上で合格です。

【準中型免許】取得するための資格は?

  • 年齢 満18歳以上
  • 過去に取消処分等(初心取消を除く)を受けた場合は、受験前1年以内に取消処分者講習を受講し、かつ、欠格期間経過後であること。

※上記は、合宿免許の入校条件ではありません。入校の条件はコチラでご確認ください。

準中型免許の予備知識はチェックOKですか?
合宿なら、短期間リーズナブル!しかも楽しく!!卒業できますよ♪

順次更新!合宿免許での教習ができる教習所はコチラ

このページの先頭へ

合宿免許のメリット

メリット1:短時間で卒業可能 メリット2:リーズナブルなパック料金 メリット3:選べる宿泊プラン メリット4:余暇時間も充実!旅行気分が味わえる! メリット1 メリット2 メリット3 メリット4 お問合せはコチラお電話でのお問合せは0120-999-785(月~土AM10:00~PM7:00 日祝:AM10:00~PM6:00) あなたのご希望にピッタリのプランをお探しします。保護者の方からのご質問・ご相談も承ります。

全国の公認校からアナタにとって最適なプランをご案内いたします。