参考 自動車教習所(学校)に入校せずに直接運転免許試験場で受験する「一発免許の流れ」東京都の場合 ※都道府県により異なる部分があります。

段取り (1)まず仮免許を取得するため適性試験、
 学科試験(50問90点以上)を受けます。 不合格:再受験することになります。合格:仮免許技能試験の予約をします。(おおよそ1~3週間後になることが多い) / かかる費用 受講料3,000円(受験する毎に必要)

(2)仮免許の技能試験を受けます。不合格:再受講することになります。試験には予約が必要です。合格:仮免許証が発行されます。※仮免許証の有効期限は6カ月間。 試験車使用料1,550円(受験する毎に必要)

仮免許証を取得している方はここから (3)路上練習(1日2時間   計5日10時間以上)を行い、路上練習申告書に記載して提出します。※路上練習は普通免許取得後3年以上経過している人、又は二種免許を取得している人に同乗してもらう必要があります。この練習をした日から3ヶ月以上経過すると(本免)試験は受けられず、再度同様の練習を行わなければなりません。 仮免許証交付料 1,100円

(4)(本免)適性試験、学科試験(100問90点以上)を受けます。不合格:再受験することになります。合格:技能試験の予約をします。 受験料2,200円(受験する毎に必要)

(5)(本免)技能試験を受けます。不合格:再受験することになります。試験には予約が必要です。合格:取得時講習の申込(予約)をします。※取得時講習は、法令上受講を義務付けられた(危険予測講習・高速道路講習・応急救護処置)講習で、運転免許試験場の指定する自動車教習所で受講します。 試験車使用料 850円(受験する毎に必要)受講料13,550円

(6)免許証交付 交付料2,050円

仮に全ての試験に一度で合格したとして、予約状況によっては1ヵ月以上を費やします。また、仮免許証の有効期限は6カ月ですが、路上練習は(本免)試験の3か月以内に行ったものでなければ無効です。さらに仮免試験や(本免)試験は平日にしか行われません。仕事の合間をぬって試験にのぞむことはとても困難なことだと想像できるでしょう。